京都鴨川混声合唱団規約

第1条(名称、所在地)

1.名称を、京都鴨川混声合唱団とする。

2.事務局は、団長宅に置く。

3.練習会場は、可能な限り鴨沂会館とする。

 

第2条(組織)

1.指揮者は、合唱団を総括し音楽技術面の最高責任者とする。

2.伴奏のピアニストおよびボイストレーナーを置く。指揮者が必要に応じて招聘する。

3.団長および副団長を置き、運営委員会を総括する。

4.運営委員

  団長、副団長に加えて、総務、会計、広報、会計監査及び各パートごとにパートリーダー、パートマネージャー

  を置く。パートリーダーは音楽面、パートマネージャーは運営面を担当し、兼任することもできる。 

  但し、会計監査は運営委員会から独立して任務を行う。

5.運営委員会   

 運営委員で構成し、合唱団の各種運営に関する協議を行い決定する。案件によっては指揮者と相談して

 決定する。

6.任命  

 団長および副団長は、選挙または推薦により選出する。他の運営委員は、団長および副団長が任命する。

7.任期

 運営委員の任期は1年とし、留任は妨げない。  

 

 第3条 (総会)

1.毎年1月に定時総会を開催し、団長、副団長の選出、会計報告等を行う。

2.必要に応じて臨時総会を開催する。

3.総会の議決は、出席団員の過半数以上の賛同を得るものとする。

 

 第4条(入団、退団、休団)

1.いつでも誰でも入団できる。入団時に入団費を支払い、活動期間中は団費をを支払う。

2.休団 

   団員は、事情により長期にわたって合唱活動に参加できなくなり、且つ復帰の意思が有る場合は、

  休団することができる。休団時は休団費を支払う。いつでも復帰することができる

3.退団

  団員は、いつでも退団の意思を表明し、退団することができる。この際、運営委員にその意思を伝える。

 

第5条 (活動)

1.練習及び演奏活動は、指揮者と運営委員の協議により決める。

2.「一万人の第九」の合唱に、団として参加申し込みをする。

3.機関紙   

  運営委員会は必要な時期に機関紙を発行し、諸連絡事項の徹底や団員相互のコミュニケーションを図る。

4.ホームページ 

  団員募集や団員相互のコミュニケーションを図るため、インターネットのホームぺ―ジを適宜更新して維持する。

 

第6条 (会計)

1.本団の経費は、入団費、団費、その他の収入をあてる。会計年度は、毎年1月~12月とする。

  会計は、収支報告書を提出して、会計監査の承認を得る。 収支報告書は、団員に配布する。

2.入団費、団費は以下のように定める。 

  a. 入団費           1,000円

  b. 団費(月額)    

    一般団費            4,500円

              (演奏会積立1,000円を含む)

    若年団員(30才以下)   1,500円

    高校生以下           1,000円 

  c.休団費 

    原則として      500円(1か月当り)  

 

第7条 (付則) 

  1.本規約の改訂には、出席団員の過半数の同意を必要とする。

  2.本規約は、平成 29 年4月1日より実施する。