合唱指導 丸山晃子先生

京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻を首席で卒業。音楽学部賞、京都音楽協会賞を受賞。同大学院音楽研究科修了。モーツァルト「戴冠ミサ」、ベートーヴェン「第九」、バッハ「カンタータ」、「ロ短調ミサ」、ヴィヴァルディ「グローリア」、ハイドン「天地創造」、「戦時ミサ」、フォーレ「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」などの宗教曲のソリストを多くつとめている。現在は幼少から親しんでいる合唱の経験を生かし、様々なアンサンブル団体での演奏に関わり、ボイストレーナーとしての活動も多い。 

声楽を堀比佐子、三井ツヤ子、菅英三子、波多野睦美の各氏に師事。現在、宇治朝霧コーラス ボイストレーナー。企画グループOne and Onlyメンバー。神戸フォーレ協会会員。神戸市混声合唱団団員。